ここから本文です

MSが7月のセキュリティ更新プログラムを公開、早急な適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

7/13(木) 8:00配信

ScanNetSecurity

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月12日、「2017年 7月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表した。マイクロソフト(MS)が2017年7月のセキュリティリリースを公開しており、これには、悪用されるとリモートから任意のコードを実行される深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれている。

対象となるソフトウェアは次の通り。

Internet Explorer
Microsoft Edge
Microsoft Windows
Microsoft Office、Microsoft Office Services および Web Apps
.NET Framework
Adobe Flash Player
Microsoft Exchange Server

JPCERT/CCでは、Microsoft Update、もしくは Windows Update などを用いて、セキュリティ更新プログラムを早急に適用するよう呼びかけている。

(吉澤 亨史)

最終更新:7/13(木) 8:00
ScanNetSecurity