ここから本文です

実写「鋼の錬金術師」キャラビジュアル一挙公開!マスタング、ラストらが初披露

7/13(木) 5:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]荒川弘氏による人気漫画を「Hey! Say! JUMP」山田涼介主演で実写映画化する「鋼の錬金術師」のキャラクタービジュアルが、このほど披露された。ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、佐藤隆太、本田翼、松雪泰子、本郷奏多、内山信二演じるメインキャラクター7人が、初めてお目見えとなった。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 全世界累計発行部数7000万部を超える同名コミックを、映画「タイタニック(1997)」にCGアニメーターとして参加した経歴を持つ曽利文彦監督が実写化。物質を変化させる“錬金術”が中心の世界を舞台に、母を失い禁忌を犯したエドワード&アルフォンス・エルリック兄弟が、絶大な力を秘めた賢者の石を求め旅する姿を描いた。

 山田扮するエドとフルCGのアル以外のキャラは、一切がベールに包まれていた今作。一挙に披露されたビジュアルは、“兄弟の絆を信じる者”としてのウィンリィ・ロックベル(本田)、“兄弟の絆を守る者”としてのロイ・マスタング大佐(フジオカ)、リザ・ホークアイ中尉(蓮佛)、マース・ヒューズ中佐(佐藤)、“兄弟の絆を壊す者”としてのラスト(松雪)、エンヴィー(本郷)、グラトニー(内山)をそれぞれ切り取った。エドを支えるヒロイン、東方司令部の軍人(とブラックハヤテ号)、暗躍するホムンクルスの姿が明らかになった。

 さらに第3弾予告編もYouTube(https://youtu.be/p4Zh8hO_kyw)で公開。最先端VFX技術による映画ならではのエフェクトが目を引くほか、ウィンリィが機械鎧 (オートメイル)を壊したエドに怒鳴り散らすなど、原作お馴染みのコミカルな掛け合いも。マスタングの炎の錬成や、「ひどいわ。1回死んじゃったじゃない」とラスト&エンヴィー&グラトニーが襲撃する様など、迫力のバトルシーンも収められている。

 今作は16世紀中ごろのヨーロッパをモデルとする世界観を再現するべく、映画「グラディエーター」の撮影地イタリア・ピエンツァ近郊をはじめ、世界遺産のシエナやフィレンツェでの長期ロケを敢行。イタリア国鉄の協力により、現存する約100年前の機関車を借り実際に走らせるなど、大掛かりな撮影が行われた。約1年間に及ぶVFX処理などのポストプロダクションが進行中で、邦画におけるVFXとしては製作期間、総カット数ともに史上最大規模だという。

 「鋼の錬金術師」はほか大泉洋、國村隼、石丸謙二郎、原田夏希、夏菜、小日向文世が共演。12月1日から全国で公開される。

最終更新:7/13(木) 5:00
映画.com