ここから本文です

STU注目のセンター・瀧野由美子 度肝を抜いた超天然エピソード

7/13(木) 11:03配信

東スポWeb

 国内6番目のAKB48グループで瀬戸内7県を拠点に活動する「STU48」が先日、動画配信サイトSHOWROOMの特番で、11月1日発売のメジャーデビューシングル(タイトル未定)の選抜メンバー16人を発表した。注目のセンターには、山口県出身の瀧野由美子(19)が選ばれた。

 メンバーは1期生の31人に加え、劇場支配人の指原莉乃(24=HKT48兼任)、キャプテンの岡田奈々(AKB兼任)の2人を加えた33人。指原と岡田は選抜入りした。

 瀧野は「みんなが立ちたかったセンターというポジションを任された責任も感じますが、みんなが今流している涙を絶対無駄にはしたくないので、しっかり頑張りたい」と毅然とコメントした。

 瀧野といえば、AKBの最新シングル「願いごとの持ち腐れ」の劇場盤に収録されたSTU初のオリジナル曲「瀬戸内の声」でもセンターを任されており、ファンの間でも本命に推されていた。

「5月31日発売の『週刊少年マガジン』の表紙に抜てきされ、3月19日に最終審査に合格してから73日で表紙デビューを飾った。AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46の歴代メンバー最速で、清楚なルックスで注目を浴びていた」(出版関係者)

 瀧野は外見だけでなく、現役女子大生で、中学時代から親しむサックスの腕前はすでにアイドル界一とも。その一方で、新幹線好きの鉄子であり“超天然キャラ”でもあるという。

「瀧野はレッスン場に家からドリンクの入ったペットボトルを持ってきたのですが、いざバッグから取り出したらなんと『パイプユニッシュ(排水パイプ洗浄剤)』だった。大きさで分かりそうなものですが…。他にも左右まったく違う靴下をはいてくることも多い」と関係者は話した。

 様々な顔を持つアイドルとして、STUを引っ張っていきそうだ。

最終更新:7/13(木) 11:42
東スポWeb