ここから本文です

【プレイレポ】PS4『マターフォール』はハマれば快感が溢れるハードコアなアクションSTGだった

7/13(木) 15:30配信

インサイド

「E3 2017」で最新トレーラーが公開されたPS4向けDLソフト『MATTERFALL(マターフォール)』。どんなゲームなのかいまひとつピンと来ない人も多いかもしれませんが、本作は理解できれば最高に気持ちいいアクション・シューティングです。今回は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの特別会場で本作を先行体験させていただいたため、プレイレポートをお届けします。

【関連画像】

『マターフォール』は、『RESOGUN』や『ALIENATION』などを手掛けたフィンランドのゲームデベロッパー「Housemarque」の最新作となるサイドスクロール・シューティングゲーム。横スクロールアクションのような全方位シューティングで、「マター発生」をうまく使い分けていくことが重要となります(詳しくは後述)。なお、今回は「E3 2017」の出展バージョンをプレイすることができました。そのため全編英語でしたが、日本版はきちんとローカライズされるとのこと。

本作の主人公は、パワーアーマーのようなものに身を包んだとある女性(動きを観察したり声をきちんと聞くと女性であることが確認できます)。右スティックで全方位にショットを撃つことができ、二段ジャンプや「ラッシュ」と呼ばれるダッシュのような高速移動などを使い分けて敵を倒しつつ、ゴールを目指していくことがゲームの目的となります。

ラッシュは攻撃を避けることができるうえ、敵に当たることで動きを止めることができます。その隙にショットを撃ちまくるも良し、さっさと先に進んでしまうも良し。本作はただクリアするだけでなく、スコアアタックやタイムアタックも重視されているため、このあたりの駆け引きも慣れてくると面白くなってくるでしょう。

そして前述のように、本作は「マター(物質)」を操るのが大きな要素。L2ボタンを押しながらショットを撃つと特定の場所に足場を作ったり、あるいは壁を作ることによって敵を閉じ込めることが可能となります。また、敵を倒すと落とす水色の渦のような物体にマター操作を行うと大爆発が発生。敵を一気に殲滅できるうえスコアも大きく稼げるというわけです。

道中には捕まっている人たちがいるので彼らを助けながら進んでいくのもいいでしょう。人を助けるとサブウェポンや能力を向上させることのできる装備「Augmentation」を獲得可能。サブウェポンは、敵をホーミングするショットや大ダメージを与えるグレネードなどが存在し、プレイに幅が広がります。

さらにゲージが溜まると「オーバーチャージ」で無敵状態になることが可能。ショットも強くなるのでガンガン撃ちまくり連続で敵を倒しスコアを稼ぎましょう。もちろん、難しい場面をこれで切り抜けてしまうというプレイでもOKです。

今回は通常ステージふたつとボスステージに挑戦することができましたが、感想は「面白いものの、真価にたどり着くまでが難しく感じるかもしれない」というものでした。たとえば、マター操作で足場を作り、空中ラッシュで移動距離を稼ぎ、二段ジャンプをして足場へ飛びつつ右スティックで敵にショットを撃つ……など、とにかく操作が複雑なのです。画面の情報量も多く、特にアクションゲームに不慣れな人は、理解できるようになるまでは時間がかかるかもしれません。

しかし、ラッシュで攻撃を避け、マター操作やサブウェポンで敵を一気に殲滅するのはとにかく気持ち良いものです。PS4 Proでは敵の破裂表現がより強化されるので、うまくプレイできた時は脳が痺れるほど気持ち良くなることでしょう。とにかくハードコアなゲームではありますが、『マターフォール』の感覚を掴めた時の快感は唯一無二と言えそうです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
PS4向けDLソフト『マターフォール』の配信時期・価格は未定です。

(C)Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Housemarque.

最終更新:7/13(木) 15:30
インサイド