ここから本文です

運転士が考え事、停車駅を通過 JR西

7/13(木) 12:41配信

神戸新聞NEXT

 13日午前8時35分ごろ、大阪発篠山口行き普通電車が、停車駅だった神戸市北区のJR宝塚線道場駅を通過し、次の三田駅(三田市)で停車した。

 JR西日本によると、運転士が停車駅であることを失念。「乗務後の訓練のことを考えていた」と説明したという。乗客は約100人おり、道場駅では11人が乗降する予定だった。この影響で上下線計4本が最大8分遅れた。

最終更新:7/13(木) 13:27
神戸新聞NEXT