ここから本文です

岡崎体育、“鬼目線”で童謡「桃太郎」をプロデュース。「桃太郎の歌は、4番5番の歌詞がきわどい」

7/13(木) 9:08配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

サントリー食品インターナショナルが、ペプシのWEBプロモーションとして、本日7月13日に岡崎体育を起用したミュージックビデオ「MOMOTAROの歌」を、YouTubeサントリー公式チャンネルにて公開した。

【詳細】岡崎体育「MOMOTAROの歌」はこちら

「MOMOTAROの歌」ミュージックビデオは、若者から絶大な支持を集める3組のアーティストが、誰もが知る童謡「桃太郎」をテーマにそれぞれの個性を活かしてあらたに作り上げる、いわば「2017年版・桃太郎」。

7月11日に、先行してSKY-HI、Fischer’sが「MOMOTAROの歌」を公開して大きな反響を呼んだが、ついに本日、2017年のエンタメ界を席巻中の“岡崎体育篇”が公開となる。

そのミュージックビデオの内容はというと、我々の予想を超える展開のオンパレード。あまり耳馴染みのない“桃太郎”の4番5番に着目したり、岡崎体育自身がまさかの鬼役で出演したり、映像の最後に「2017.07.18」「#いざ鬼ヶ島」という謎のメッセージが出現したり。

極めつけは歌の途中で、突然の“お花畑画面”に切り替わり「ただいま映像が乱れております。音楽のみでお楽しみください」の文字が出る演出が。「鬼の岡崎体育に一体何が起こったの?」「なぜ今、桃太郎の歌?」「7月18日に何が起こるの?」など、多くの謎を残すコンテンツとなっている。

さらに、遡ること6月13日。ペプシは、「隠しメッセージ入り桃太郎ボトル」が当たるTwitterキャンペーンを実施したが、当選者のもとに届けられたのは、壮絶な闘いを想像させる傷だらけの箱……。箱の中身には、なんと「桃太郎」が倒れている写真と「桃太郎、最大のピンチ!?」「2017.07.18#いざ鬼ヶ島」という意味深なメッセージ。さらに、賞品のペプシを飲み干すと、ボトルに桃太郎から「力を貸してくれ」の隠しメッセージが……!

詳細は明らかになっていないが、鬼ヶ島で最大のピンチを迎えた「桃太郎」が、何らかの助けを求めていたことは間違いない。

そして、本日公開の謎の「MOMOTAROの歌」ミュージックビデオ。童謡「桃太郎」といえば、桃太郎がお供と一緒に鬼ヶ島へ鬼退治に行く歌。もしかしたら、今回のMVも鬼ヶ島でピンチの桃太郎と関係があるのかも……!?

2017年7月18日、一体何が起こるのか!? 今後の展開に注目だ。

岡崎体育 コメント
Q.なぜこのような曲にしたのか教えてください。
打ち合わせしているときに、桃太郎の歌詞を全部見させてもらったんですけど、4番5番の歌詞がきわどいなと思いまして。やっぱ桃太郎が主人公になりがちなんですけど、鬼主人公で、というか鬼目線で曲を書いてみようと思って、こういう曲にしました。

Q.コスプレをしてミュージックビデオに出るのは初めてですか?
一度女装はしたことあるのですが、こういう「鬼」みたいな、「汚れ」みたいなコスプレは初めてですね。すぐ脱ぎたいです。一刻も早く脱ぎたいです。

Q.曲に名前を付けるとしたら何ですか?
「もももも、桃ピーチピーチももももピーチピーチもも~」ですね。理由は、ないです。

Q.実際にいきなり目の前に鬼が現れたらどうしますか?
無抵抗の意志を表示します。できれば話し合いをして、和解したいです。戦わないですね。

YouTube サントリー公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/SuntoryGroup