ここから本文です

本田圭佑、ガラタサライ破談で有力移籍先いまだなしか?候補クラブ一覧まとめ

7/13(木) 12:36配信

GOAL

日本代表MF本田圭佑はきたる2017−18シーズンを、どのクラブで迎えることになるのだろうか?

13−14シーズンからミランで10番を背負っていた本田だったが、徐々に出場機会が減っていき、16−17シーズンはセリエAで8試合の出場にとどまった。契約満了に伴い、今夏でロッソ・ネロのユニフォームを脱ぐことが決まって以来、動向が注目されている。

ここ数日の移籍市場における動き、うわさを振り返っていこう。

■ミラン退団の本田圭佑、新天地はアメリカ?LAでの練習でシアトル移籍が再燃(7月3日)

本田については、冬にシアトル・サウンダースへの電撃移籍の可能性が報じられた。しかし当時のミランのCEOアドリアーノ・ガリアーニ氏が噂を否定し、移籍は実現せずに終わった。ただ以後もシーズン終了後のシアトル加入の可能性が伝えられており、MLSの中で本田獲得に最も近いクラブとされている。

■本田圭佑にトルコ強豪クラブからオファー…年俸2億円超の2年契約か(7月2日)

現在フリーとなっている日本代表FW本田圭佑にトルコからオファーが届いているようだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が独占で報じた。

ここまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのトラブゾンスポルなど数多くのクラブが興味を示していたが、ついに具体的なオファーを提示してきたクラブがあったという。報道によると、トルコのガラタサライがすでに年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、現在フリーの本田の返事を待っているようだ。

■本田圭佑、ガラタサライとは合意に至らず…首脳陣に不満で移籍消滅へ(7月5日)

日本代表FW本田圭佑のガラタサライ移籍は合意に至らず、破談へと向かっているようだ。トルコ『sporx』が報じた。オランダメディアでは今週にも正式な契約に至ると伝えられたが、本田はガラタサライへの移籍に応じず。クラブ首脳陣の姿勢に不満があったと考えられている。

■移籍がうわさされたクラブ一覧

・ラス・パルマス

・レバンテ

・トラブゾンスポル

・ガラタサライ

・シアトル・サウンダース

※今夏うわさになったクラブ。一部破談と報じられたクラブも含む

■最新の状況や有力移籍先は?

一時はガラタサライ行きが間近ではないかと報じられたものの、結局は移籍の可能性は低くなったと見られている。7月12日現在、有力な移籍先として挙げられるクラブはまだない状況だ。

GOAL

最終更新:7/13(木) 12:36
GOAL