ここから本文です

「鋼の錬金術師」ウィンリィらメインキャラのビジュアル公開、新たな予告編も

7/13(木) 5:00配信

コミックナタリー

荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」に登場するメインキャラクターのビジュアルと、新たな予告映像が解禁された。

【写真】ディーン・フジオカ演じるマスタング大佐、蓮佛美沙子演じるホークアイ中尉、佐藤隆太演じるヒューズ中佐のキャラクタービジュアル。(他11枚)

これは昨日7月12日に東京・新宿ピカデリーにて開催された、「ハガレン」ファンイベント内で公開されたもの。「兄弟の絆を信じる者」として山田涼介演じるエド、CGで制作されたアル、本田翼演じるウィンリィ、「兄弟の絆を守る者」としてディーン・フジオカ演じるマスタング大佐、蓮佛美沙子演じるホークアイ中尉、佐藤隆太演じるヒューズ中佐、「兄弟の絆を壊す者」として松雪泰子演じるラスト、本郷奏多演じるエンヴィー、内山信二演じるグラトニーの各3キャラクターのビジュアルがお披露目された。

あわせて公開された予告編第3弾には、ウィンリィが機械鎧 (オートメイル)を壊したエドを怒る、原作でもおなじみのコミカルな場面や、マスタング大佐による炎の錬成シーン、ホムンクルスであるラストの攻撃する姿が登場。「僕のためにこれ以上無茶をしないで」とエドに懇願するアルや、「アルのためならなんだってやる」と誓うエドといった、兄弟の絆を感じられる掛け合いも切り取られた。

「鋼の錬金術師」は2001年から2010年にかけて、月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載された作品。幼き日に最愛の母親を亡くした国家錬金術師のエドワードと、その弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描く。映画は12月1日にロードショー。

映画「鋼の錬金術師」
2017年12月1日(金)全国ロードショー

スタッフ
監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉

キャスト
エドワード・エルリック:山田涼介
ウィンリィ・ロックベル:本田翼
ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ
マース・ヒューズ中佐:佐藤隆太
リザ・ホークアイ中尉:蓮佛美沙子
マリア・ロス少尉:夏菜
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
ショウ・タッカー:大泉洋
ドクター・マルコー:國村隼
ハクロ将軍:小日向文世
ラスト:松雪泰子
エンヴィー:本郷奏多
グラトニー:内山信二
コーネロ教主:石丸謙二郎

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会