ここから本文です

味覚も理解するパーソナルAI「SENSY」がヘルスケア分野に拡大

7/13(木) 17:10配信

アスキー

カラフル・ボードがリンクアンドコミュニケーションと業務提携。個人の嗜好に合った食事・運動アドバイスを提供する「パーソナル・アドバイスエンジン」を共同開発する。

 カラフル・ボードは7月11日、味覚を解析する技術を活用し、ヘルスケア分野にサービスを拡大すると発表。リンクアンドコミュニケーションと業務提携し、個人の嗜好に合った食事・運動アドバイスを提供する「パーソナル・アドバイスエンジン」を共同開発する。
 
 パーソナル・アドバイスエンジンは、カラフル・ボード提供の感性を学習するAI「SENSY」を、リンクアンドコミュニケーション開発の「健康アルゴリズム」に連携させたエンジンプログラムだ。
 
 健康アルゴリズムは、科学的根拠に基づいた200万通り以上の食生活へのアドバイスを、個人に合わせて提供できるようにしたプログラム。
 
 SENSYがユーザーの嗜好性・傾向などの感性を学習することで、食事アドバイスでは、好みのメニューや食材、手作りするかどうかなど、食生活習慣を考慮したメニュー提案をする。また、個人の栄養バランスと好みをふまえた1週間の献立や買い物リストなども提案可能となる。
 
 たとえば、濃い味付けものを日常的に食べている人には、塩分を減らしつつも満足度も落とさない献立メニューを提案。昼食に麺類が多い人には、麺類の中でも栄養バランスの良いメニューを提供。激しい運動を普段あまりしない人には、隙間時間にできる軽めのエクササイズなどが自動的に提案される。
 
 今後パーソナルエンジンは、10月頃に「カロリーママ」へ実装し、10月以降「カラダかわるNavi」へも順次実装予定だとしている。
 
 
文● 山口/ASCII

最終更新:7/13(木) 17:10
アスキー