ここから本文です

「ツイン・ピークス The Return」、主演のカイル・マクラクランが来日記者会見を開催

7/13(木) 17:31配信

CDジャーナル

 デヴィッド・リンチ監督による『ツイン・ピークス』シリーズの新作「ツイン・ピークス The Return」が、7月22日(金)21:00よりWOWOWにて日本独占放送開始。本作の主人公“デイル・クーパー捜査官”を演じたカイル・マクラクランが7月12日に都内で来日記者会見を開催しました。会見には本シリーズのファンだという椿 鬼奴が、メイン・キャラクターの“ローラ・パーマー”をイメージした衣装を身に纏い登場。

 オリジナル・シリーズから25年後を描いた「ツイン・ピークス The Return」には、マクラクランに加え、シェリリン・フェン、シェリル・リーをはじめとするオリジナル・キャストのほか、ナオミ・ワッツ、アマンダ・セイフライド、モニカ・ベルッチ、ティム・ロス、裕木奈江ら総勢217人が出演しています。

 会見でマクラクランは新シリーズのオファーを受けた際の心境を質問されると「『ツイン・ピークス』の世界に戻りたいと思っていたので、全く躊躇しませんでした」と語り、「デヴィッド・リンチ監督とまた組めるということにとても興奮しました。ただ、まずスーツが着られるかという心配はありましたが(笑)」と笑顔で返答。さらに、「オリジナルを知らない人が楽しむには?」という質問に対しては、「オリジナルを見ていなくても楽しめますが、旧作の序章を見るとさらに楽しめると思います。デヴィッド・リンチ監督がとても奇妙な世界を作り上げる人なので理解するのが難しい部分もあるかもしれませんが、ぜひオープンな気持ちで見てほしいです」とコメントしました。また椿は「5年前は大学生でしたが、友達とハマって夢中で見ていた青春時代を思い出しました。まさか25年後にカイルさんに会えるなんて……」と涙ぐみながら語り、マクラクランへバラの花束をプレゼント。マクラクランは花束のお礼として、自身のワイナリーで作っているというワインを椿に手渡しました。

 イベントではリンチからのビデオメッセージも上映。リンチは日本のファンに向け「また皆で帰りましょう、『ツイン・ピークス』の世界へ」と呼びかけました。なお、同映像は「ツイン・ピークス The Return」のオフィシャル・ホームページで閲覧可能。


“TWIN PEAKS”: cTwin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:7/13(木) 17:31
CDジャーナル