ここから本文です

米景気、全国的に拡大=金融引き締め後押し―FRB報告

7/13(木) 6:41配信

時事通信

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)が12日発表した地区連銀景況報告(ベージュブック)によると、米景気は6月に全12地区で「小幅から緩やかに拡大」した。

 回復基調の持続が改めて示され、FRBによる金融引き締め方針を後押しする内容となった。

 景気の先行きについては、大半の地区が「今後数カ月は緩慢から緩やかに拡大」と予想。FRBは追加利上げに加え、金融引き締め効果のある資産縮小を通じ、異例の低金利と量的金融緩和を正常化する考えだ。

 個人消費は観光などがけん引し、過半数の地区で伸びているようだと指摘した。一方で、半数からは自動車販売が減るといった弱い面への言及もあった。 

最終更新:7/13(木) 9:42
時事通信