ここから本文です

補強禁止のアトレティコがビトロ獲得、1月まではラス・パルマスでプレー

7/13(木) 11:45配信

ISM

 アトレティコ・マドリーは現地時間12日、セビージャ(以上スペイン)からFWビトロ(27)を獲得することで合意に至ったと発表した。

 アトレティコは、ビトロと2022年までの契約を結ぶことで合意。ただし、FIFA(国際サッカー連盟)から未成年選手の登録違反で処分を科されているため、2018年まで新たな選手登録はできない状況にある。

 そのため、ビトロは今季1月までの前半戦は、期限付き移籍の形で古巣ラス・パルマス(スペイン)でプレーする。

 ラス・パルマスの下部組織で育ったビトロは、2013年にセビージャへ移籍。14年から16年にかけてヨーロッパリーグ3連覇に貢献した。スペイン代表では11キャップを記録している。(STATS-AP)

最終更新:7/13(木) 11:45
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合