ここから本文です

〔東京外為〕ドル、113円近辺=米金利低下で下落(13日正午)

7/13(木) 12:30配信

時事通信

 13日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の低下などを受けて、1ドル=113円近辺に下落している。正午現在、113円03~03銭と前日(午後5時、113円45~45銭)比42銭のドル安・円高。
 東京市場の早朝は買い戻しが先行し、113円30銭前後で推移。午前9時すぎには、「海外投機筋か実需の買いが入ったようだ」(外為仲介業者)とされ、113円50銭台に上昇した。しかしその後は日経平均株価の上げ幅縮小や米長期金利低下を眺めて売りが強まり、昼にかけて113円前後まで下落した。
 ドル円は朝方に上昇したものの、ハト派的なイエレンFRB議長の議会証言やトランプ米政権の「ロシアゲート」疑惑が重しとなり、買い戻しは続かなかった。全般に地合いも悪く、「午後に、前日の海外時間の安値である112円90銭台を下抜ける可能性がある」(FX会社)との指摘も出ている。
 ユーロ円は軟調。ユーロドルは戻り試す。正午現在、1ユーロ=129円27~28銭(前日午後5時、129円88~88銭)、対ドルでは1.1436~1438ドル(1.1448~1448ドル)。

最終更新:7/13(木) 14:27
時事通信