ここから本文です

田んぼの「下り竜」躍動 熊本・上天草で見ごろ

7/13(木) 9:38配信

朝日新聞デジタル

 色の違う稲を使い、水田に巨大な絵画を描いた田んぼアートが熊本県上天草市松島町教良木(きょうらぎ)の山浦地区で見ごろを迎えている。10月中旬まで楽しめる。

 絵柄は「下り竜」と「光」の文字の2種類。熊本地震からの復興への願いを託し、地元の高校生らが6月中旬に古代米など計5種類の苗を植えた。

 初めて見た人からは「スプレーで色を付けたの?」と驚く声も。企画した天草四郎観光協会の職員は、「上出来です」としてやったり。

朝日新聞社