ここから本文です

寄り付きの日経平均は反発、米ダウ最高値更新を好感

7/13(木) 9:14配信

ロイター

[東京 13日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比78円90銭高の2万0177円28銭となり、反発して始まった。

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言で、米国の利上げを緩やかに進める方針が示されたことを受け、ダウ<.DJI>が過去最高値を更新。流動性相場が当面続くとの安心感が広がる中、日本株も買いが先行した。

ソニー<6758.T>、東京エレクトロン<8035.T>などハイテク関連が堅調に推移。一方、米長期金利の低下を受けメガバンクは小幅安で推移している。

最終更新:7/17(月) 12:16
ロイター