ここから本文です

〔東京株式〕軟化=円高が重し(13日後場寄り付き)

7/13(木) 13:00配信

時事通信

 【第1部】外国為替市場で1ドル=112円台まで進んだ円高が相場の重しとなった。日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに軟化している。
 任天堂が小甘く、ファーストリテはさえない。トヨタ、SUBARUは軟調で、ファナックが小緩んでいる。三菱UFJ、三井住友が安く、野村、第一生命、東京海上は弱含み。出光興産が売り物がち。東芝は大幅安。半面、ソフトバンクGが高く、NTTもしっかり。ソニーが締まり、東エレク、村田製は底堅く、エプソンが買い優勢。KLabは上伸し、エンシュウがにぎわっている。

最終更新:7/13(木) 15:27
時事通信