ここから本文です

〔東京外為〕ドル、113円前後=イエレン証言受けた売り一服(13日午後3時)

7/13(木) 15:30配信

時事通信

 13日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、イエレンFRB議長の議会証言を受けた売りが一服し、1ドル=113円前後で下げ渋っている。午後3時現在は、113円03~04銭と前日(午後5時、113円45~45銭)比42銭のドル安・円高。
 東京市場の早朝は買い戻しが先行し、113円30銭前後で推移。午前は実需筋の買いなどで113円台半ばに上昇する場面もあったが、日経平均株価の上げ幅縮小や米長期金利低下に圧迫され、昼にかけて113円前後に水準を切り下げた。午後に入ると、マイナス圏に沈んだ国内株価や一段と低下した米金利を眺めて112円80銭台まで軟化したが、113円割れの水準では日米の金融政策の方向性の違いが意識され、113円前後へ買い直された。
 ドル円は一時前日の海外市場の安値を若干下回ったものの、さらに売り込む動きはみられなかった。ただ、「FRB議長の証言を受けて、欧州勢が売りから入る可能性がある」(外為仲介業者)との声も聞かれる。
 ユーロ円も下げ渋り。ユーロドルは買い戻された。午後3時現在、1ユーロ=129円40~41銭(前日午後5時、129円88~88銭)、対ドルでは1.1446~1447ドル(同1.1448~1448ドル)。

最終更新:7/13(木) 17:26
時事通信