ここから本文です

楽天ペゲーロ「当たった瞬間いくと」今季“世界最長”156.5メートル弾

7/13(木) 5:58配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ 楽天2―0ソフトバンク(2017年7月12日 ヤフオクドーム)

 楽天・ペゲーロが5回2死一塁、松本裕の141キロ直球を打ち抜いた。打球はヤフオクドームの右翼席も越え、はるか頭上の電光看板を直撃した。決勝打となった、衝撃の20号先制2ラン。「当たった瞬間にいくと思った」と振り返った。

 先発2番のシーズン20本塁打は06年リグス(ヤクルト)以来。前半戦での達成は初めてだ。記録的にも価値のある一発は、同球場の弾道測定装置「トラックマン」で飛距離156・5メートル、速度は193キロを計測。5月27日の西武戦(Koboパーク宮城)での自己記録153・1メートル、189・5キロを上回った。今季、大リーグの解析システム「スタットキャスト」で計測された最長飛距離、ヤンキース・ジャッジの495フィート(約151メートル)をも超えた一発。「あの一発で勝てたことがうれしい」と笑った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 2:50