ここから本文です

米国務長官、カタール再訪へ=断交問題、仲介続ける

7/13(木) 7:23配信

時事通信

 【ワシントン時事】サウジアラビアなどがカタールと断交した問題の仲介に当たっているティラーソン米国務長官は13日、直前に訪問したばかりのカタールを再訪し、同国高官らと会談する。

 国務省が12日発表した。

 ティラーソン氏は10日に断交問題の調停役クウェート、11日にカタールを歴訪。カタールではテロ資金対策強化の覚書に調印し、同国のテロ対策を評価した。ただカタールの「テロ支援」を問題視するサウジは対応を「不十分だ」と批判し、歩み寄りを見せていない。 

最終更新:7/13(木) 9:58
時事通信