ここから本文です

千葉県高野連HPがウイルス被害

7/13(木) 14:00配信

東スポWeb

 拓大紅陵(千葉)の元硬式野球部員の少年3人が売春防止法違反容疑で逮捕された事件を受けて揺れている千葉県高野連のホームページ(HP)が、何者かによって悪質な嫌がらせを受けていることが12日、分かった。スマホなどでHPを開こうとすると、野球とは無関係な別サイトに自動的に飛ばされ、指示通りに進むとアプリのダウンロードサイトに誘導される。

千葉県高野連は事態を把握しているものの、まだ警察に被害届などは出していないという。問い合わせた本紙に「逆にお聞きしたいのですが、このような場合はどう対処すればいいでしょうか」と尋ねるなど、悪質な嫌がらせに頭を悩ませている様子だ。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏によると「誘導先のアプリがネット上で一般的に知られているものであることからも、営利目的の犯行の可能性は低い」という。さらに「サイトのプログラム中にリンク先をはめ込むだけなので、ある程度詳しい者なら誰でもできてしまう。嫌がらせ目的でやっている可能性が高い」とし、肝心の犯人特定については「足がつくのを警戒して複数の媒体を使って犯行に及ぶことが多いため、犯人特定が難しい場合もある」と分析した。

 では、泣き寝入りするしかないのか。井上氏は「愉快犯の場合、ウイルス対策を強固なものにするとそれに対抗してまた新たな嫌がらせをしてくる場合があるため、静観する必要もある。当然、サイトを修復するために専門家を雇った場合などは、その損害として警察に被害届を出すこともできる」と語った。拓大紅陵をめぐる騒動との関連性は今のところ不明だが、なんとも迷惑な話だ。

最終更新:7/13(木) 14:00
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 16:25