ここから本文です

ヤマハの歴史コピペに追加しなくては! 電子楽器技術から「サックスの音色で、リコーダーのように簡単な管楽器」誕生

7/13(木) 7:10配信

ねとらぼ

 ヤマハが、サクソフォンのような表現力豊かな音色と、リコーダーのような演奏しやすさを持ち合わせた管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」を開発。8月30日に発売することを発表しました。

【別角度の画像】Venova

 リードを用いる管楽器は形状によって2種類に分けられます。コンパクトな一方、指使いが複雑な「円筒形(クラリネットなど)」と、指使いは比較的簡単な一方、複雑な機構を必要とする「円錐形(サクソフォンなど)」です。「Venova」の特徴は、「分岐管構造」などを取り入れることで、この2つの長所であるコンパクトさ、演奏しやすさを両立している点。2オクターブの音域を持つサクソフォンのような音色ながら、指使いはリコーダーのように簡単だといいます。

 ちなみに、「分岐管構造」は、ヤマハのシンセサイザー「VL1」(1993年発売)に搭載されたバーチャル・アコースティック音源の応用研究から独自開発されたもの。同社は「ピアノ → 家具 → 住宅設備 → プロペラ → エンジン……」といった具合に、ピアノの技術から多様な分野に進出したとする真偽不明のコピペで有名ですが、今回は「シンセサイザー → 管楽器の開発」とつながったようです。

 「Venova」のボディーは樹脂製で、水洗いが可能。また、マウスピースなどを含む本体が180グラムと軽量で、アウトドアなどでも利用しやすいそうです。価格はオープンとなっており、想定売価は1万800円(税込)。

最終更新:7/13(木) 7:10
ねとらぼ