ここから本文です

<アウトレイジ 最終章>たけしがマシンガン乱射 大杉漣は生き埋めに…衝撃の予告編&ポスタービジュアル公開

7/14(金) 11:00配信

まんたんウェブ

 北野武監督の人気シリーズ完結編となる最新作「アウトレイジ 最終章」の予告編とポスタービジュアルが14日、公開された。予告編にはビートたけしさん演じる「大友組」元組長・大友がマシンガンを乱射する迫力のあるシーンや、韓国のフィクサー、張グループと関西の組織「花菱会」が一触即発の状態に陥る様子や、花菱会での内紛などが映し出されている。ポスタービジュアルには、マシンガンを持った大友を中心に、花菱会や山王会ら裏社会の男たちの姿が「全員暴走」というキャッチコピーとともにあしらわれている。

【動画】たけしが銃乱射、大杉漣の衝撃シーンも…!

 「アウトレイジ」はヤクザの抗争を描いた映画シリーズで、最新作では2012年に公開された前作「アウトレイジ ビヨンド」のその後が描かれる。関東の組織「山王会」と関西の組織「花菱会」の巨大抗争後、大友(ビートたけしさん)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー・張会長(金田時男さん)の下にいた。あるとき、韓国出張中の花菱会の幹部・花田(ピエール瀧さん)がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、張グループと花菱会は一触即発となり、激怒した大友はすべての因縁に決着をつけるべく、日本に戻ってくる。そんな中、花菱会では卑劣な内紛が起こっていた……という展開。

 予告編では、大友と大友を慕う韓国・済州島グループの市川(大森南朋さん)がマシンガンを乱射する迫力あるシーンや、花菱会の花田と対峙(たいじ)し「なめとんのか!」と恫喝(どうかつ)された大友が「なめてなんかいねーよバカヤロー!」と“キレる”シーンなどが映し出されている。また、花菱会の新会長・野村(大杉漣さん)が、目障りな若頭・西野(西田敏行さん)を陥れようと画策するシーンや、そんな野村が首だけを出して生き埋め状態にされている姿など、衝撃的な場面が収められている。10月7日公開。

最終更新:7/14(金) 11:00
まんたんウェブ