ここから本文です

大宮にフルーツパーラー「フルーツパラダイス」 パフェとパンケーキ中心に /埼玉

7/13(木) 12:20配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大宮駅西口に6月17日、パフェやパンケーキを中心としたフルーツパーラー「フルーツパラダイス」(さいたま市大宮区桜木町2、TEL 090-9383-9599)がオープンした。(大宮経済新聞)

ボリューム感のあるパンケーキ(関連画像)

 東京都内で行列に並んで食べたパフェに感動したという店主の春木秀夫さんが開いた同店。気軽に入りやすいようにとカジュアルな雰囲気を意識した店づくりで、フルーツをふんだんに盛り付けた「フルパラパフェ」(980円)やフルーツサンド、パンケーキなどを1,000円以内で提供する。春木さんは「大宮は学生が多いこともあり、手頃な値段で育ち盛りの学生にビタミンCを取ってほしい。たっぷりのフルーツで『パラダイス』してもらいたい」と話す。

 パフェは、たくさんのフルーツを食べやすく盛りつけることができるグラスを使い、トッピングの生クリームはチーズを練り込んだ手作りのものを使い、フルーツの下には手作りのアイスやフルーツソースを入れ、「最後までおいしく食べてもらえるように」と工夫している。

 通り掛かりに入ったという川口市に住む斎藤裕太さんは「甘さ控えめでおいしかった。全種類、制覇したい」と話す。一緒にいた川越市に住む宗政直希さんは「フルーツも生クリームもたっぷりでおいしかった。フルーツサンドがはやっているが、渋谷で食べたのと値段は同じくらいでも、こちらの方が高さがある」と笑顔を見せる。

 「パフェは作る人も食べる人も笑顔で幸せになれるところがいい。栄養分の豊富な旬のフルーツを季節ごとに使っていく」と春木さん。平日はボリューム感のあるランチメニューも手頃な価格で提供しており、「近隣の会社に勤務する人たちにも店を知ってほしい。地道にやっていきたい」とも。

営業時間は11時~19時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク