ここから本文です

広島 地元商店街が早くもV準備

7/13(木) 16:31配信

東スポWeb

 早くもVシフトだ。セ・リーグ首位を快走する広島は12日のDeNA戦(マツダスタジアム)に5―1で快勝。25年ぶりにリーグ優勝した昨年を上回る貯金23で、2位阪神に8ゲーム差をつけて前半戦を終えた。リーグ連覇を確信した地元商店街は来るべきXデーに向けた準備を開始。昨年の経験を生かして、前倒しに話を進めている。

 首位を快走する広島は25年ぶりにリーグ制覇した昨年を4つ上回る貯金23で前半戦を終えた。2位阪神とは8ゲーム差。リーグ連覇は間違いなしとばかりに、地元広島市内の本通商店街と金座街商店街では早くも鼻息を荒くしている。

 昨年は四半世紀ぶりのリーグVで大いに盛り上がり、経済効果は330億円とも340億円とも言われたが、一方で“誤算”もあった。優勝から遠ざかっている間に商店主らの世代交代が進み、ノウハウもないに等しかったからだ。1996年には最大11・5ゲーム差をつけた巨人に“メークドラマ”で優勝をさらわれた苦い経験もあり、金座街商店街の関係者は「昨年は7月の理事会で優勝したらどうしようかという議題が持ち上がったが、みんな半信半疑だった(笑い)」と当時を振り返る。

 それでも「準備だけでも進めようということになって、広告代理店と話し合って8月の理事会で決まった」(同)が、またまた誤算が生じた。優勝マジックが20で初点灯した8月24日の巨人戦から2度の4連勝を記録。わずか10日間でマジック7まで減った。本通商店街と金座街商店街はマジック10になると同時に巨大なボードを設置して、アーケードを通る市民とともに優勝の機運を高めようと計画していたが、設置に至ったのはマジック8のときだった。今年はそんなことがないように「そろそろ動きだそうかなと思っている」(金座街商店街関係者)という。

 昨年は球団側のV対策も手探りの状態だった。一時は球団ロゴの使用は不可との通達も受けたが「何度も連絡を取り合って使用することができるようになった」(本通商店街関係者)という経緯もあったようだ。商店街は公道でもあるため、イベントを仕掛けるには警察や市の許可や協力も欠かせない。それだけに昨年得たノウハウは貴重な財産にもなった。

 買い物客に喜んでもらうばかりでなく、売り上げ増につなげるための具体的なアイデアも浮かんでいる。レギュラーシーズンではマツダスタジアムの観戦チケットがプラチナ化していることもあり、関係者の間では「どうにか日本シリーズのチケットを入手して商店街の福引の景品にしたい」「もしソフトバンクと日本シリーズで対戦することになったら、ヤフオクドームのチケットでもいい」といった販促プランも出ているという。

 本通商店街では6月に昨年引退した黒田博樹氏の手形やピッチャーズプレートが埋め込まれた記念石碑が設置され、ファンの“聖地巡礼”の場ともなっている。昨年より早く優勝が決まっても対応できるよう、地元商店街の準備は着々と進む。

最終更新:7/13(木) 16:36
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報