ここから本文です

「こんなムズイの絶対ムリ!」、高難易度2Dアクション「The End Is Nigh」

7/13(木) 10:50配信

Impress Watch

 インディーゲームメーカーであるEdmund McMillen氏と、Tyler Glaiel氏は、SteamにてWindows向けアクションゲーム「The End Is Nigh」を発売した。価格は1,480円(税込)。Nintendo Switch版も予定されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「The End Is Nigh」はシンプルなグラフィックスで表現された世界を進んでいく2Dアクションゲーム。主人公は謎の黒い物体であり、ジャンプと、壁の出っ張りにつかまることができ、水にも潜れるが、トラップは全てが即死。プレーヤーは主人公を操作し、難解なトラップをくぐり抜けていく。難易度の高いアクションゲームの“難易度が高い部分”だけを抽出したような、かなり歯ごたえのあるゲームとなっている。

 12のチャプターに600レベルのステージが収録されており、80以上の実績が用意されている。“腫瘍”と“ゲームカートリッジ”という収集アイテムがあり、これらを集めることもできる。アクションゲーマーの挑戦心を強く刺激するタイトルである。トレーラーの歪んだ世界観もユニークだ。

【The End Is Nigh! (teaser trailer)】

【The End Is Nigh】

GAME Watch,勝田哲也

最終更新:7/13(木) 10:50
Impress Watch