ここから本文です

旗の台に釜玉うどん専門店「功刀屋」 圧力鍋でゆでた麺を提供 /東京

7/13(木) 13:54配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 旗の台駅近くに釜玉うどん専門店「功刀屋(くぬぎや)」(品川区旗の台2) がオープンして1カ月がたった。 (品川経済新聞)

 オーナーの功刀直人さんは「店の前は学生から年配の方まで人通りが多い。角地で窓が広いのも気に入っているポイント」と話す。店舗面積は13.5坪、席数は24席。

 功刀さんは元サラリーマン。2年前に広告代理店の営業職から脱サラし、うどん店「丸香」(千代田区) で勤務したという。「経営者になりたいと思って会社を辞めた。以前ホノルルにいたとき、丸亀製麺が人気だったことを思い出し、今後さらに注目が集まるジャンルだと考えてうどん専門店に決めた」と話す。

 こだわりは圧力鍋でゆでた釜玉うどん。釜玉うどんは、釜揚げのうどんに卵を絡め、だしじょうゆをかけて食べるメニューだ。「圧力鍋は、調理中に中の麺の状態が分からないため、飲食店で扱うのは難しい道具。しかし、もちもちした食感を出したかったので、試行錯誤を重ねた」と功刀さん。

 メニューは「かま玉うどん」(580円)や「明太子(めんたいこ)かま玉」(680円)、「肉かま玉」(880円)、月替わりの季節限定メニューなどを提供する。天ぷらは「野菜天」(280円)や「鶏天」(230円)、「ちくわ天」(120円)、「大えび天」(230円)も。ドリンクは「サッポロ黒ラベル(小瓶)(300円)を用意する。

 今後の展望については、「いずれ法人化して、東急池上線上に2号店、3号店と出店して行きたい」と意気込む。

 営業時間は10時30分~19時30分。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク