ここから本文です

ビールに詳しくなる図書館=愛知県清須市〔地域〕

7/13(木) 9:59配信

時事通信

 愛知県清須市の市立図書館に「日本一ビールに詳しくなるための図書コーナー」がオープンした。図書館側が利用者拡大と地域活性化を狙い、市内でビール工場を操業するキリンビールに企画を提案。市の賛同を得て、同図書館と同社が開設した。同社によると「図書館とのコラボは初めて」という。

 図書コーナーのデザインは、名古屋芸術大学デザイン学部の学生が担当。本棚は、ビールジョッキを縦に割った断面図をイメージし、高さ約3.6メートル、内周約5メートルの半円柱の形をしており、黄色と白の配色でビールと泡を表現。ビールに関するさまざまな書籍約400冊が置かれ、今後さらに蔵書数を増やしていく方針という。

 同図書館の野田嘉一館長は「図書館とビールは珍しい組み合わせ。(他にない)面白い図書館にしたい」と意気込む。式典に出席した清須市の加藤静治市長も「官民学が共同で取り組んだ事業だ。これをきっかけにして、ビールの泡が広がるように地域が活性化してほしい」と期待を示した。 

最終更新:7/13(木) 10:57
時事通信