ここから本文です

清水富美加が千眼美子名義で「さらば青春、されど青春。」に出演、主題歌も担当

7/13(木) 12:53配信

映画ナタリー

事務所を移籍し、本名である清水富美加からの改名を宣言した千眼美子。このたび、彼女の復帰作にあたる「さらば青春、されど青春。」の製作が決定した。

【写真】大川宏洋 (c)NEW STAR PRODUCTION(他1枚)

大川隆法が製作総指揮を務めた12本目の映画にあたる本作では、青春と恋の物語が描かれる。「君のまなざし」の赤羽博が監督を、大川宏洋が主演を務めた。

なお千眼は、主題歌「眠れぬ夜を超えて」でボーカルに初挑戦。この楽曲は、8月2日に東京・東京ドームで開催予定のイベントにてお披露目される。

千眼は、自身のブログにてこのことを報告。「あまり、演じたことのない役柄なので新たな出会いにわくわくしております。“役をいただく”ということがどれほど有難いことなのかが“痛いほど”に分かります」と喜びを述べている。また主題歌を担当することについて、「今まで自分で作った好きな食べ物の歌しか人前で歌ったことがないので、好きな食べ物以外で、歌のテーマを崩さずに歌えるか不安です。まずそこからです。につき、鬼レッスン中です」とコメントした。

「さらば青春、されど青春。」は、2018年初夏に公開予定。

最終更新:7/13(木) 12:53
映画ナタリー