ここから本文です

【W―1】芦野が“イケメン”二郎斬り

7/13(木) 16:38配信

東スポWeb

 W―1チャンピオンシップ王者の芦野祥太郎(27)が「W―1 GRAND PRIX 2017」(12日、後楽園ホール)の覇者・黒潮“イケメン”二郎(24)を徹底的にこき下ろした。

「会社はグランプリで『最強の覇者を決める』とか言ってますけど、結局は挑戦者決定トーナメントですよね?」。W―1最強を決めるトーナメントを芦野はバッサリ切り捨てた。王者は同トーナメントに出場せず、優勝者には9・2横浜文化体育館大会での挑戦権が与えられるとあって、その言葉には一理ある。

 ふてぶてしさを増す一方の芦野は、優勝した黒潮についても「タイトルマッチまでに少しでも成長して、対策をしっかり練ってきてほしいですよね。今あいつが正面から来たってボクに負けるだけなんだから」とキッパリ。人気ではイケメンに劣るが「悔しい部分はあるけど、ボクにとってはおいしい相手でもある」と不敵に笑った。

 この日はセミのタッグ戦で圧巻の強さを見せつけると、対戦相手の児玉裕輔(30)を自軍に引き込み、勢力拡大に成功した。横浜での挑戦を決めた黒潮は「あいつ、ぶっ潰す!」と宣言したが、王者の勢いを封じることができるか。

最終更新:7/13(木) 16:38
東スポWeb