ここから本文です

API連携で“業種を超えた新ビジネス”を 富士通がビジネスコンテスト

7/13(木) 11:37配信

ITmedia エンタープライズ

 富士通は7月12日、異業種のサービスやノウハウをつなげたクロスインダストリービジネスのためのプラットフォーム実現に向けた取り組みを開始すると発表した。

 今回の取り組みは、2016年に金融ソリューションを「Finplex(フィンプレックス)」として体系化し、金融サービスで共通して利用できるAPIを提供してきた実績を、金融以外の全業種に拡大させるもの。

 第1弾として、2017年7月から9月の期間で、「FUJITSU Cross Industry API Contest Supported by Finplex」と称し、同社が開発した各種APIや公開されているAPIを活用して、業界・業種を越えた新しいビジネスモデルやサービスのアイデアを広く募集するコンテストを開催。優れたアイデアについては、同社が支援し、事業化を検討する。

 スケジュールは、2017年7月13日~8月6日が応募期間(書類審査を実施)、8月24日が予選、9月6日が本選となる。応募対象は、法人または満20歳以上の個人。

 同社はこの活動を通じて、オープン化のニーズが高いAPIを選別し、そのオープン化に向けた取り組みを行う考え。将来的にはさまざまな業種や業界のAPIを活用できるプラットフォームをアプリケーション開発者向けの実験の場として開放することで、顧客のデジタルビジネス促進に貢献していく方針だ。