ここから本文です

開成「力発揮できた」 激しい打撃戦もサヨナラ負け

7/13(木) 14:40配信

朝日新聞デジタル

(13日、高校野球東東京大会 足立西8―7開成)

 全国有数の進学校でテレビドラマ「弱くても勝てます」のモデルとしても知られる開成が、東東京大会2回戦で足立西と激しい打撃戦を繰り広げた。一回表、「勉強は苦手」という5番宮本の3点本塁打で先行。直後に逆転されたものの、三回にも宮本がソロ本塁打を放つなど中盤までリードした。だが、七回に同点とされると、九回途中から救援登板した宮本が決勝打を許して7―8でサヨナラ負け。5年ぶりの初戦突破はならなかったが、宮本は「やれることは全部やった。野球で力を発揮できたから満足」とすがすがしかった。=神宮第二

朝日新聞社