ここから本文です

楽天・梨田監督「一喜一憂できん」…パ6監督前半戦総括

7/13(木) 6:06配信

スポーツ報知

 12日の試合で今季前半戦を終えたパ・リーグの6監督が自チームの戦いを総括した。

 1位楽天・梨田監督「(ソフトバンク戦連勝は)大きいのは大きいけど、オールスターの後に6連戦が7週間続くので一喜一憂している場合じゃないし、パニクっているくらい」

【写真】広島・緒方監督「攻撃陣上がった」…セ6監督前半戦総括

 2位ソフトバンク・工藤監督「打つ方では内川キャプテン、柳田くん。投手はリリーフ陣が頑張ってくれた。後半戦もひとつになって優勝するんだという気持ちで戦いたい」

 3位西武・辻監督「(3位は)選手が頑張ったおかげ。苦しい時もあったけど、全員がその日勝つためにどうしなきゃいけないのかを考えながら、少しずつ成長してくれたのかな」

 4位オリックス・福良監督「スタートは良かったけど、投打がかみ合わなかった5月の大きな負け越しが、今につながっている。けが人を出さないように、早く勝率5割にしたい」

 5位日本ハム・栗山監督「本当にただただ責任を感じています。(想定外の活躍?)そういう選手があまりいないので苦しくなっている。できる準備を全力でし続けるしかない」

 6位ロッテ・伊東監督「(ソフトバンクに喫した)開幕3連敗がすべて。負け越して、焦りのある戦いをしてしまった。投打の柱(石川、角中)が欠けたことが大きかった」

最終更新:7/13(木) 19:24
スポーツ報知