ここから本文です

ソフトB・工藤監督が愛息・拓也の試合観戦「チームに尽くせ」

7/13(木) 19:02配信

東スポWeb

 ソフトバンクの工藤公康監督(54)が13日、愛息・拓也(17)の試合を観戦した。

 第99回全国高校野球大会・東東京大会1回戦(神宮)で拓也くんが所属する日本ウェルネス高が順天高と対戦。一塁コーチャーとしてグラウンドに立った拓也を白のTシャツにサングラスと完全プライベートの工藤監督がスタンドから見つめた。

 工藤監督の5人の子供たちの中で唯一、野球に打ち込んだのは末っ子の拓也だった。だが足首とヒジのケガを経験するなど苦労の連続。高2で日本ウェルネス高に転校し、この日が初のベンチメンバーとなった。

 この日は出場はなかったが、一塁手が足を踏まれ負傷した際は背負ってベンチに運ぶと、外野手とのキャッチボールなど精力的にチームを縁の下で支えた。試合は日本ウェルネスが13―8で勝利し、2回戦に進出した。

 最後まで見届けた工藤監督は14日からの球宴で全パのコーチを務めるため名古屋に移動。拓也は「聞いていたけど本当に来るとは思わなかった。(父からは)『出ようと出なくてもいいから、できることをやってチームに尽くせ』と言われた」と話した。

最終更新:7/13(木) 19:33
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 13:25