ここから本文です

【フレッシュ球宴】楽天・藤平 自己採点は90点「3者連続三振狙ったが…」

7/13(木) 20:04配信

東スポWeb

 楽天のドラフト1位ルーキー・藤平尚真投手(18)が、13日のフレッシュオールスターゲーム2017(静岡)でイースタン選抜の2番手として2回からマウンドに上がり、1回を投げ、無安打2三振の好投を披露した。

 MAX148キロながら伸びのある直球を主体にグイグイと押しまくる。先頭のソフトバンク・栗原、オリックス・杉本を圧巻の2者連続空振り三振に仕留めた。続く中日・石岡はフルカウントまで追い込みながら、捕邪飛だったことで「3者連続三振を取ろうと思っていたので、あと少しでした」(藤平)と悔しがった。それでも「楽しかったです。新鮮な感覚で投げられた。90点です」と自身の投球に及第点を与えた。

 ドラフト1位同士の豪華リレーも実現。全イの先発は昨夏の甲子園優勝投手の西武・今井達也投手(19)で、1回を投げ、打者4人に対し、1四球で無安打無失点。豪雨の中での投球となったこともあり、今井は「本来の力を出し切れなかった。できれば真っすぐで空振りを取りたかった」と不満顔を見せながらも「最初は緊張したけど、先輩方に声をかけていただいて楽しめた」と話した。

 そんな今井からバトンを受け取り、好投した藤平は「この試合に投げられて今井もいて刺激になった。次は上のオールスターに選ばれて3者連続三振を取りたい。後半戦は一軍で活躍したい」と意気込んでいる。

最終更新:7/13(木) 20:04
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 5:00