ここから本文です

<スピードスケート>「いつ五輪が来てもいい」小平練習公開

7/13(木) 18:12配信

毎日新聞

 スピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=が13日、来年の平昌五輪シーズンに向けた練習を長野県松本市で公開した。五輪500メートルでの金メダル最有力候補は、下半身の筋力強化などを目的に自転車でのスプリント練習を披露。「いつ五輪が来てもいい。予想以上の成果を求めたい」と、調整の充実ぶりをうかがわせた。

 練習を行った市美鈴湖自転車競技場は、かつてワールドカップ代表選考会も行われた市営浅間温泉国際スケートセンター(2011年廃止)跡地に建設。信州大時代に利用していた小平は「施設の協力でリンクを開放してもらっていた」。この日はブレーキの付かないトラック用自転車で斜面のある200メートルのコースを高速で駆け降りたほか、レースでの動きを想定して500メートルを走り抜けた。

 結城匡啓コーチは「自転車は(スピードスケートに)似たエネルギー代謝のトレーニングができる」と説明した。小平は今後、長野県内を移動。菅平高原で高地トレーニングを積み、さらなる体力強化に努める。【岩壁峻】

最終更新:7/13(木) 18:15
毎日新聞