ここから本文です

【函館記念】サトノアレス スーパームーンと併入「巴賞の内容なら二千でも問題ない」

7/13(木) 21:03配信

東スポWeb

【函館記念(日曜=16日、函館芝2000メートル)注目馬13日最終追い切り:函館競馬場】数々のGIをモノにしてきた名伯楽・藤沢和調教師が、意外にも手にしていないタイトルがこのGIII函館記念。5年連続の参戦となる今年は“ホープ”サトノアレス&“ベテラン”スーパームーン(同左)の2騎でタイトル奪取を狙う。

 パドックでのスクーリングからダートでの脚慣らしを経て本馬場へ。四位が手綱を取るスーパームーンが先導役を引き受け、2馬身後方から柴山鞍上(レースはルメール)のサトノアレスが続いた。ペースが上がったのは4ハロン標識を過ぎてから。進路を外に取ったサトノアレスがラスト1ハロンで並びかけての併入フィニッシュ。追走したサトノアレスの時計でも4ハロン53・9―12・5秒…“静の調整”に徹した格好だ。

 藤沢和調教師「2頭とも巴賞を使って中1週なので、ハードな調教は必要ないからね。サトノアレスは好位からのレースで勝てたのが何より。あの内容なら2000メートルでも問題ない。爪が良くなったスーパームーンも内容(5着)は悪くなかったし、この夏は頑張ってもらいたいね」

最終更新:7/13(木) 21:33
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ