ここから本文です

ジョコ復活ならず…肘痛で棄権「人生ではこういうことが起こる」

7/13(木) 6:11配信

スポニチアネックス

 ◇ウィンブルドン選手権第9日(2017年7月12日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)

【写真】センターコートで試合を観戦するゴルフの松山英樹と谷原秀人

 フォアハンドがアウトとなると、ジョコビッチ(セルビア)はあきらめて首を振った。過去25勝2敗と大得意にしてきたベルディハ(チェコ)との準々決勝。第1セットをタイブレークで落とし、第2セットの第3ゲーム、その最初のポイントだった。

 「ここ10カ月ぐらいでは最高のテニスができていたから残念。でも人生ではこういうことが起こる」と悔しさをにじませた。前週の大会で優勝し、今大会もここまで1セットも落とさずに勝ち上がってきた。復活の兆しを見せていた世界1位の前に立ちはだかったのはケガだった。「肩じゃなくて肘。もう1年半苦しめられている。サーブとフォアを打つ時に痛みを強く出て、その後は感覚がなくなる」。第1セット終了後も治療を受けたが改善しなかった。

 これまでも複数の専門家に相談してきたと言うが「手術だったり、他の選択肢だったり、みんな言うことが違う」と解決策を見つけるにはいたっていない。昨年のこの大会から始まった不振を抜け出せない元世界1位は「短期的に見れば休むことが一番だと思う」と悩ましげだった。