ここから本文です

大渕弁護士、次男の23時間ヘルメット治療の効果に驚き「とても嬉しい」

7/13(木) 16:54配信

デイリースポーツ

 大渕愛子弁護士が13日、ブログを更新し、頭の形を整えるため、ヘルメットを装着する治療を続けている次男・昴生君の左右の頭の大きさの差が大幅に縮まったことを報告。「よかった」と親心をのぞかせた。

【写真】大渕弁護士、金山一彦とのラブラブ結婚会見

 大渕弁護士はこれまでもブログで昴生君のヘルメット治療について報告。昴生君は現在7カ月だが、生まれた時から「頭の形 頭の半分、左側が絶壁になっていて、全体的に歪み」があったことを明かし、そのため治療用のヘルメットを23時間装着し、矯正していることをつづっていた。

 この日のブログでは、前日に診察のため頭の外科外来を訪れたといい、計測の結果、左右差が7ミリも縮まり10ミリとなったことを報告。「これには先生もビックリ。測り間違いかな?と何度も測って頂きましたが、間違いなく10ミリまで縮まっていました」と、決して間違いではないと強調し「予想外の効果に驚き、とても嬉しかったです」と母親として率直に喜びをつづった。

 連日23時間装着は乳児だけに難しいようだが「23時間着用できる日も増えているので、その効果ですね!よかった」ともつづり「これからもっと暑くなるので、さらに大変になりますが 昴生が辛くないように、しっかりヘルメットと頭のケアをしていこうと思います」と、今後も昴生君の体調などを見ながら、ケアを続けていくとした。