ここから本文です

CTC、IaaS「TechnoCUVIC」にフラッシュストレージと仮想サーバーバックアップオプションを追加

7/13(木) 14:57配信

Impress Watch

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)は13日、提供中のIaaS型クラウドサービス「TechnoCUVIC」のオプションサービスとして、「オールフラッシュストレージサービス」と「仮想サーババックアップサービス」を追加し、提供を開始した。

 オールフラッシュストレージサービスは、NetAppのオールフラッシュストレージ「SolidFire」を使用するオプションサービス。従来のHDDを使用したストレージと比較してデータ処理速度が6倍以上になり、複雑なデータ処理の高速化や、さまざまなワークロードに対応可能としている。料金は1GBあたり月額36円から。

 仮想サーババックアップサービスは、Veritasのバックアップ製品「NetBackup」を活用したオプションサービス。仮想サーバーやデータベース単位のバックアップおよびリストアが可能となる。1000GBまでのバックアップ容量で、料金は月額12万8000円から。

 CTCでは今回提供開始したオプションを含め、1年間で50社にTechnoCUVICシリーズの提供を目指す。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:7/13(木) 14:57
Impress Watch