ここから本文です

甲子園の開会式、先導する生徒の選考会 兵庫・市立西宮

7/13(木) 19:36配信

朝日新聞デジタル

 8月7日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第99回全国高校野球選手権大会の開会式で、代表校のプラカードを掲げて選手を先導する女子生徒の選考会が13日、市立西宮高校の体育館であった。

【写真】プラカードに見立てた竹の棒を持って歩く女子生徒たち=13日午後、兵庫県西宮市の市立西宮高校、水野義則撮影

 先導役は、1949年の第31回大会から同校の女子生徒が務めており、歴代優勝校の校旗を持つ担当なども含めて126人の枠に、今年は1、2年生計約220人が応募した。

 この日は2年生が選考に臨み、歩くリズムや姿勢の審査を受けた。望月結稀(ゆうき)さん(16)は「昨年は選ばれなかったので、この夏は必ず選手と一緒に歩きたいと思い、妹に姿勢を見てもらい練習しました」と話した。

 14日に1年生の選考会があり、20日に結果が発表される。選ばれた生徒は同校で行進を練習して、本番の舞台に立つ。(崔埰寿)

朝日新聞社