ここから本文です

警察庁協力要請で中国が35邦人拘束 詐欺容疑

7/13(木) 7:55配信

産経新聞

 【北京=西見由章】中国当局が福建省で日本人男女35人を詐欺容疑で拘束し、3日に日本側に通報していたことが分かった。日本政府関係者が明らかにした。中国から日本に電話をかけて現金をだまし取る「振り込め詐欺」の容疑者として、警察庁が中国側に協力を要請していた。

 政府関係者によると、35人は千葉県警が捜査していた振り込め詐欺事件に関与した疑いがあり、詐欺の電話をかける「かけ子」などの役割を担っていたとみられるという。日中両国は犯罪人引き渡し条約を締結しておらず、今後は中国の司法当局が捜査を進めた上で対応を検討するとみられる。

 政府関係者は、今回の35人拘束について「日本側の要請に応じたものだ」として、2015年以降、中国でスパイなどの容疑で拘束された12人の事案とは性質が異なるとの認識を示した。

最終更新:7/13(木) 7:55
産経新聞