ここから本文です

バンヤンツリー、インドネシア・ビンタン島にホテルレジデンス「カッシーア・ビンタン」8月開業

7/13(木) 14:47配信

Impress Watch

 バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは7月12日、インドネシア・ビンタン島にホテルレジデンス「カッシーア・ビンタン」を8月に開業すると発表した。ビンタン島はシンガポールから高速フェリーで50分。バンヤンツリー・ビンタンに隣接した立地で、カッシーアブランドのホテルはこれが2棟目。

【この記事に関する別の画像を見る】

 伝統的なインドネシア装飾にポップな色彩のインテリアが特徴で、館内には地域のアーティストが手がけた作品が飾られている。部屋は寝室の数(1ベッドルームまたは2ベッドルーム)とガーデンビュー、ロフトの有無などで6タイプが用意され、いずれもキッチンと独立したリビングルームを持つ。

 食事は、施設内にある24時間営業の「Market 23」で食材や惣菜、飲み物を購入してキッチンで調理できるほか、「Hamper(ハンパー)」と呼ばれる食事を届けてもらうことも可能。朝食ビュッフェは室料に含まれている。

 オープニング特別価格として、10月30日まで1室1泊88米ドル(諸税等別)で予約を受け付けている。料金には2名分の朝食、ビンタン島フェリーターミナルからの送迎が含まれる。

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:7/13(木) 14:47
Impress Watch