ここから本文です

広島・緒方監督「攻撃陣上がった」…セ6監督前半戦総括

7/13(木) 6:06配信

スポーツ報知

 12日の試合で今季前半戦を終えたセ・リーグの6監督が自チームの戦いを総括した。

 1位広島・緒方監督「攻撃陣が一段階、上がった感じがする。交流戦でも圧倒されず、カープらしい野球ができた。先発が少し不安定。投手中心に守り勝つ野球を目指している」

【写真】楽天・梨田監督「一喜一憂できん」…パ6監督前半戦総括

 2位阪神・金本監督「交流戦明けで負けが込んで(今季最多の)貯金12が半分ほどになったのは反省。とにかく打ち勝つこと。打たないとせっかくの強力リリーフ陣も使えない」

 3位DeNA・ラミレス監督「非常にいい前半戦。石田とウィーランドが故障で離脱して投手陣が苦しかった時期に、打線が頑張って成績が落ち込まなかったのが大きかった」

 4位巨人・高橋監督「前半戦はなかなかいい戦いができなかったけど、ここにきていい形の試合が増えてきた。厳しい状況に変わりはない。少しずつ、5割に近づいていきたい」

 5位中日・森監督(前半戦総括の会見は後日に行う)「ない、ない。何もない」

 6位ヤクルト・真中監督「(不振の原因は)故障者というより、他のチームに比べまだまだやることがある。投手のスタミナだったり野手のスイングスピードがないと戦えない」

最終更新:7/13(木) 10:15
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 18:10