ここから本文です

すごいシュール空間だ 人間がきぐるみで羊になりきる劇「ひつじ」に笑いや恐怖などさまざまな感情が沸き起こる

7/13(木) 20:50配信

ねとらぼ

 Twitterに投稿された、「カナダのフェス」とされる画像が「シュール過ぎる」と話題になっています。人々が羊のきぐるみを身にまとい、路上で好き好きに座り込んでいるのです。何この……何? 何これ? 皆さん生活に疲れて現実逃避中?

【画像】毛をかられる「ひつじ」

 きぐるみながら顔だけは普通に人間なのがまた味わい深く、あまりの非日常的な光景に「狂気を感じる」「漫画のジンメン」「腹筋崩壊した」などさまざまな意見が寄せられています。一体カナダで何が行われているんだ……。

 この不思議な光景の正体は、カナダの「劇団コープス」によるノンバーバル・パフォーマンス(言葉のない演劇)で、その名もズバリ「ひつじ」。実は、過去に何度も日本で公演をしており、8月16日と17日に神奈川芸術劇場でも子ども向けの「KAAT キッズ・プログラム 2017」の演目の1つとして公演予定となっています。

 画像1枚だけだとシュールですが、公式動画を見ればイメージが変わる……などということはなく、さらにシュールな世界が広がっていました。モフモフのきぐるみにバリカンを当てられて暴れる羊役や観客の子どもの手から口に直接餌を与えられ食べる羊役、乳搾りシーンなど、かなりのインパクトです。羊役の動きが本物の羊っぽいのがまたすごい。

 なんとも独特な世界が繰り広げられていますが、世界各国で何度も公演されるほどの人気プログラムとなっているようです。見てみたい人は、神奈川芸術劇場へどうぞ。

最終更新:7/13(木) 20:50
ねとらぼ