ここから本文です

スパガ浅川梨奈、「人狼ゲーム」で主演飾り「演技が楽しくなりました」

7/13(木) 19:30配信

映画ナタリー

7月15日に封切られる「人狼ゲーム マッドランド」のキャスト浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)のコメントが到着した。

【写真】「人狼ゲーム マッドランド」(他38枚)

本作で長編映画初主演を飾った浅川。自身が演じた小池萌というキャラクターを「生きていることが楽しくないと思っている女の子で、人狼ゲームのサイトをたまたま見かけて、人狼ゲームに自分で志願してバスに乗った、という裏設定があるんです」と説明し、「最初は生きることを諦めかけていたけれど、だんだんと生きたいと思うようにもなります。残虐な人狼ゲームに触れて、人間味が増してくるんです」と劇中で萌が見せる変化に言及する。

そして自らを“普段は自信も何もない人間”だと語る浅川は「主演が私でごめんなさい!みたいなタイプなんです」と明かす。しかし本作では「心が折れたら作品が台なしになっちゃう」という思いで撮影に臨んでいたそうで、「セリフも間違えたくなかったし、まっすぐに作品と萌ちゃんに向き合っていました。おかげで、この作品を撮り終わって、演技が楽しくなりました。すごく糧になる作品になったと思いました」と述懐した。

「人狼ゲーム マッドランド」は、高校生の男女10人が、生き残った者に1億円が与えられる殺戮ゲームに挑戦していく作品。浅川のほかには松永有紗、佐奈宏紀、門下秀太郎らが出演に名を連ねる。東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほかにてロードショー。



(c)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会

最終更新:7/13(木) 19:30
映画ナタリー