ここから本文です

セ、パとも観客増=阪神が最多4万2400人―プロ野球

7/13(木) 17:06配信

時事通信

 セ、パ両リーグは13日、開幕からオールスターゲーム前(12日終了現在)までの観客動員数を発表し、1試合平均でセが昨年同時期比で2.6%増の3万2397人、パは同0.2%増の2万5545人だった。

 球団別では阪神が1試合平均4万2400人(2.7%増)で最も多く、巨人が4万1982人(1.5%減)で続いた。パはソフトバンクの3万3483人(0.7%減)が最多。増減率ではヤクルトの8.7%増が最高で、オリックスは10.2%減と最も減らした。

 九回で終了した試合の平均時間はセが3時間7分、パが3時間9分で、昨シーズン終了時と比べてセが3分、パは4分短縮された。 

最終更新:7/13(木) 17:10
時事通信