ここから本文です

<茨城・中3自殺>「第三者委設置を」両親、県教委に要請

7/13(木) 21:54配信

毎日新聞

 茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを日記に残して自殺した問題で、菜保子さんの両親が13日、県庁を訪れ、県に新たな第三者調査委員会を設置するよう求める申し入れ書を県教委に提出した。県教委も検討する意向を示した。

 申し入れ書によると、県に設置を求めた理由を「取手市教委との信頼関係が完全に失われている」と説明。新たな調査委の委員に両親が推薦する弁護士を入れることや、議事公開や議事録作成などの情報公開を求めた。

 市教委は16年3月、「いじめによる重大事態に該当しない」と議決する一方で、遺族の要望を受けて第三者調査委員会を設置した。しかし今年5月に文部科学省から対応が不適切だと指導を受けて議決を撤回。6月には調査委を解散した。【玉腰美那子】

最終更新:7/13(木) 21:54
毎日新聞