ここから本文です

史上初の0-0ドロー フレッシュ球宴MVPは2二塁打のソフトバンク曽根

7/13(木) 20:26配信

デイリースポーツ

 「フレッシュ球宴、全イースタン0-0全ウエスタン」(13日、静岡草薙球場)

 53回目のフレッシュ球宴史上初となる0-0の引き分けに終わった。両軍とも4安打。過去の引き分け6回はすべて両軍が得点を挙げていた。

【写真】曽根は今年3月に育成から支配下契約を結んだばかり

 全イースタンは9投手が1イニングずつ無失点。全ウエスタンは七回まで7投手が1イニングずつ無失点に抑え、八、九回は古谷(ソフトバンク)が6打者を完全に抑えた。

 試合時間は2時間10分だった。

 最優秀選手賞(MVP)にはソフトバンク・曽根海成内野手が選出され、賞金100万円を手にした。優秀選手賞には藤平(楽天)と古谷(ソフトバンク)が選ばれ、各50万円を贈られた。

 MVPの曽根は全ウの「9番・遊撃」でフル出場し、三回に右線へ、五回には右中間へ2本の二塁打を放った。「ヒット2本はたまたまですが、非常にうれしいです。(水上監督からは)『ナイスバッティング』と褒められた。(八回の第3打席は空振り三振)欲を出してホームランを狙いにいったが、変化球だったので打てなかった」などと振り返った。

 全イの2番手で二回を2奪三振無安打に抑えた藤平(楽天)は、「3者連続三振を狙いにいったが、あと一歩のところで取れなかったので、次は(1軍の)オールスターの方に出られるように頑張って、3者連続三振を取ります」などと語った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 16:05