ここから本文です

三浦隆司、海外メディアからの取材にも慣れた対応「勝たないといけないという気持ちになる」

7/13(木) 10:18配信

スポーツ報知

◆プロボクシング ▽WBC世界スーパーフェザー級(58・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ミゲル・ベルチェルト―三浦隆司(15日、米カリフォルニア州イングルウッド ザ・フォーラム)

 元WBC世界スーパーフェザー級王者で同級1位・三浦隆司(33)=帝拳=が米ロサンゼルス市内のジムで12日(日本時間13日)、同級王者ミゲル・ベルチェルト(25)=メキシコ=とのタイトルマッチに向けた公開練習に出席した。

 多くの海外メディアから取材を受け、出場選手がそろったリング上での記念撮影では中央に立った。米国では3戦目、海外では4戦目だけに慣れている様子で「(試合前は)いつもこんな感じ。(メインを)実感するのは撮影で真ん中に行く時ぐらい。こういう雰囲気はこっちならではなので、楽しい」と冷静に話した。

 それでも「みんなが自分たちの試合のために動いてくれる。注目されているとうれしく思うし、勝たないといけないという気持ちになる」と気合を入れた。

最終更新:7/27(木) 2:59
スポーツ報知