ここから本文です

「大戦略」×美少女ゲーム「戦御村正DX -紅蓮の血統-」、PS4/PS Vitaで発売決定

7/13(木) 18:42配信

Impress Watch

 システムソフト・アルファーは、プレイステーション 4/PlayStation Vita用本格戦略シミュレーションアドベンチャー「戦御村正DX -紅蓮の血統-」を10月26日に発売する。価格はPS4版が7,800円(税別)より、PS Vita版が6,800円(税別)より。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本作は徳川幕府が存続した1939年の日本(皇国)を舞台に、第二次世界大戦を戦い抜くシミュレーションゲーム。同社の「大戦略」シリーズのゲームシステムを取り入れつつ、様々な武家の当主となったヒロインたちを攻略していくアドベンチャーゲームとしての側面も併せ持った作品。プレーヤーは「真田」の継承者、「真田幸秋」として戦いに臨む。

 支配勢力を広げる「戦略マップ」と戦闘を行なう「戦術マップ」の間に挟まれるインターミッション画面では、「大戦略」シリーズおなじみの「開発」や「生産」、士官たちと仲を深める「逢瀬」コマンドを実行可能。同時に「イベント」コマンドでは、国際情勢やヒロインたちにかかわるイベントやエピソードが展開されるADVイベントも展開される。

 また、本作限定版にはアートブックとサウンドトラックが同梱されるほか、予約購入特典には追加エピソードが収録されたDLCが付属する。予約購入特典は限定版、通常版ともに同様のものとなっている。

©2017 SystemSoft Alpha Corporation

GAME Watch,今藤祐馬

最終更新:7/13(木) 18:42
Impress Watch